シンクロシニティ? テレパシー?

中学生時代の親友のこと思い浮かべていた昨日の朝
その本人から昼近くにメールの着信がありました。
めちゃ偶然だなぁ〜と思いつつ何だろう🎶と開けると
天国にいる愛犬ももちゃんへのお悔やみメールです。

こんばんは~久しぶり。
ももちゃん🐶 天国に行っちゃったんだもね 😢
もーやんさんのblog、ももちゃん特集だぁ可愛いなぁ⤴ と、見ていたら…
ん? 虹の橋を渡る…?
えっ まさか…😓と思い ひろみんさんの見たら… 
胸がジーンと詰まっちゃった。
ほんとに可愛い、べっぴんももちゃんだったよね。
床やさん✂した時とかも、めんこかったわー。
blogの中でもいっぱいほんわか感を努めてきたね。
寂しいけれど皆にいっぱいかわいがられて幸せももちゃんだったね💕
癒やしのももちゃんの姿はずっと忘れないよ。

⁇?あれれ?これは昨年の7月にも読んでますよ。

彼女からの久々メールだったので「ミスタッチかな?」と
確認しつつ娘の報告も添え返信しました。
彼女からの返信は案の定、間違えて昨年のメールを
再送信したようです。
どうやら私の知らない彼女の友人の初孫報告に返信する
際のことだったらしいのです。
それが、我が家の娘も結婚、妊娠の報告。
親戚のおばちゃんくらいとても喜んでくれました。

そういえば、愛犬ももちゃんのコーナーも
しばらくほったらかしでした。
仕事帰りお花を買って飾ってあげました。
b0292308_22431988.jpg
やっぱりももちゃんメンコイわ〜〜(ᵔᴥᵔ)


しばらくPCの電源入れなかったら故障してた(ノД`)
今年はあれこれ物入りです。
新しいのいつ買えるかな(-_-)






# by hiromin5h | 2017-05-17 18:38 | Comments(2)

サッポロといえばビールっしょ♪

b0292308_12511307.jpg
このたび、わが家の娘が結婚の運びとなりまして
お相手のご両親とお会いすべく札幌へ。

予定では空き時間で藻岩山ロープウェイで札幌を一望のはずでしたが、もうのどがカラカラです。
そうだ!景色を一望できてノドも潤すには宿の最上階があるじゃないですか!
おまけに手っ取り早い♪
b0292308_12302671.jpg
(≧∇≦)o口ぷはっ~~!!平日の昼ビー最高!
夜は緊張する席ですから、今のうちにリラ~ックス♪

娘は札幌で暮らして6年。いつか帰って来るんじゃないかと思ったけど
よく頑張ったね~。これからは信頼できる人がいてよかったね。
縁あって出会えたふたりだから永遠の幸せを願う母です。

お相手のご両親との対面も和やかに過ごし美味しいお料理もいただいて
「末永くよろしくお願いします」と解散。
いつもだったらのんべぇ夫婦のわたし達はススキのあたりに
繰り出すパターンですが、さすがに気疲れしたようです。
コンビニで缶ビールを買って宿に帰りました。
その話はまたそのうち♪

翌日の帰りもJR。しかも午後5時過ぎの出発。
予めサッポロビール博物館の見学ツアー(有料)に申し込んでいます。

テンションあがって何でも撮ります♪
b0292308_15092496.jpg
旧道庁舎もそうだけど赤レンガは北海道によくマッチしてるね。
b0292308_15154008.jpg
b0292308_15482424.jpg
さ~て予約の時間が近づいてきました。
受付を済ませツアーのはじまり♪
笑顔がとてもステキな女性が案内してくれます。
プレミアムツアー(有料500円)では最初に大迫力の音と映像で
先駆者(中川清兵衛)の熱い思いが上映されました。
見終えて、これからはビールを飲むときは中川清兵衛さんに感謝しながら飲もう!と
その時は心から思ったのでした(笑)
b0292308_15554435.jpg
↑↑↑の写真は「開拓使麦酒醸造所」完成の記念写真
樽に文字が書かれています。
麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる  
150年も前の先駆者の熱い思いが伝わります。
レプリカも展示
b0292308_19273138.jpg
お~。懐かしい箱だね~。
b0292308_16472393.jpg
懐かしいポスターもいっぱい
b0292308_16500336.jpg
もっと古いポスターもいっぱい!
b0292308_16523886.jpg
b0292308_16585152.jpg
さあさあツアーも終盤このタンクを過ぎたらお待ちかねの試飲ターイム♪
このタンクで作ったビールを350ml缶1日1本ずつ飲むと600年かかるそう(笑)
b0292308_17172713.jpg
お待ちかねビールの試飲&美味しい注ぎ方のデモンストレーション♪
ここでだけ飲める「復刻札幌製麦酒」と「サッポロ生ビール黒ラベル」おつまみ付
b0292308_17351562.jpg
「復刻札幌製麦酒」はちょっと白濁していますが味わい深くマイルド。
「サッポロ生ビール黒ラベル」はスッキリ切れのあるお馴染みのビールです。

最後は美味しいビールの注ぎ方のデモンストレーション。
条件は
ビールは4~8度の適温
グラスは油分がついていない。乾燥してある。冷蔵庫で冷やす(冷凍庫はNG)

それではビールの三度注ぎ♪
①少し高い位置からグラスの6割くらいの泡をつくる。
b0292308_18054342.jpg
②普通についで泡とビールが1対1なったらゆっくり注ぐ
 泡がグラスの9割くらいにきたらストップ。
b0292308_18115954.jpg
③慎重に泡を盛り上げて注ぎ7対3にして出来上がり~♪
b0292308_18175845.jpg
b0292308_18211201.jpg
キメの細かい泡でふたがされてグラスより盛り上がってる♪
さすがプロのガイドさん。感心することばかりでした♪
あ~楽しかった~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


朝バイキングでタラフク食べたのであまりお腹が減ってないけど
ビール&生ラムジンギスカンが食べたい!!
しかし、もーやんはニコチン切れで不機嫌気味。ツアーの前はここでは食べない!
とういう雰囲気でしたが試飲のビール飲んでご機嫌が良くなったよう(笑)

何はともあれニコチン注入。(禁断症状出てる?)
b0292308_18441661.jpg
まっいいや。ジュージューはじめ~♪♪

b0292308_18504247.jpg
いやー生ラムジュージュー久しぶりだ~♪

結局ラム肉を1人前追加して終了~♪
b0292308_18554051.jpg
気がつけば鍋が北海道の形だったのね。(煙でかすんでる)
満足満足~♪気乗りしてなかっただれかさんも大満足のようでした(笑)

さーて、充分満喫しました。お土産を買ってお茶を1杯いただいて帰るとしますか。
b0292308_19041986.jpg
いったい何しに札幌へいったのやら。
ほのかにジンギスカンの臭いをさせて帰ってきました。
周りの席が空いていてよかった~。

そうそう、サッポロビール博物館は自由見学もあるけど
お酒が飲める時はプレミアムツアーがオススメです♪
解説付きで美味しいビール付500円ですからね♪

なんだろこのビール愛 (笑)




# by hiromin5h | 2017-04-01 19:45 | Comments(2)

ラーメン特集♪とりあえず①

休日のお昼は8~9割麺類を食します。
その1位は蕎麦ですが次に多いのが小池さんも大好きなラーメン♪

まずはお客さんが並んで待つことも珍しく無い人気のお店「魚一うおっち」さん
b0292308_09070587.jpg
b0292308_09045180.jpg
美味しそうに撮れてるでしょ♪
珍しく塩野菜ラーメンをオーダーしました。
野菜のエキスがスープに溶けて体にしみわたります。
たまには野菜たっぷりラーメンもいいね♪



次は魚介豚骨ラーメンがうりの「古川」さん
釧路町光和の住宅地の中にあります。
b0292308_09114648.jpg
b0292308_09121188.jpg

イチオシは魚介豚骨のようですが私は魚介スープのあっさりラーメンしょうゆ味を。
あっさりといえどしっかりカツオのだしがきいています。
チャーシューが大きくてやわらかく美味しかったな~♪
メニューのチャーマョご飯が魅力的です。次回たのんでしまいそうでこわい(笑)



釧路ラーメン基本の「細ちぢれ麺」「あっさりしょうゆスープ」のラーメンを提供する
言わずと知れた「夏堀」さん。ここもいつも混んでいます。

b0292308_09150711.jpg
b0292308_09153912.jpg

細ちぢれ麺にスープがよく絡みます。
どことなく懐かしい味がします。
とろとろチャーシューは子供の頃には無かったような。

そういえば、子供の頃夜になるとラーメン屋さんが屋台を引いてまわっていました。
チャルメラの音が聞こえると家の丼を3つ4つ持って走った記憶があります。
なつかしいなぁ~。



さて、次は豚骨か煮干か注文が迷ってしまう「麺屋松三」さん。
私はこってり豚骨よりがっつり煮干そばがお気に入りです♪

b0292308_09473045.jpg
b0292308_09215281.jpg

千葉九十九里浜産片口鰯を大量に使用し煮干油と
生醤油を合わせた煮干の旨みを感じる1杯。

(店内のポスターに書いていた)

スッキリ鰹だしの釧路ラーメンもいいけど
濃厚煮干だし×中太ストレート麺
厚くて柔らかチャーシュー&自家製極太メンマ&半熟煮卵
ちょっとクセになる逸品です♪


さてさて、本日のトリは
暖簾を撮り忘れたのでこの写真

b0292308_09313436.jpg

秘密のケンミンショーにも紹介された「かどや」さん
さんざん飲んでの〆のラーメンはサイコー♪
飲酒後にラーメンを欲する訳は諸説あるようです。
何にしても言えることは翌日の胃もたれ、むくみ・・・
後悔すること間違いなしです。
でもつぶの焼いたにおいに引き寄せられラーメンも食べちゃうよね(笑)

b0292308_09325460.jpg

「かどや」さんが焼きつぶをキレイに食べる技を教えてくれました。

b0292308_15465449.jpg

↑↑のように縦に持って焼きつぶの木の台にトントンすると
あら不思議~。貝の中からつるんと出てきました♪


あ~飲みに行きたくなってきた(笑)
がまん、がまん。


b0292308_16033818.jpg

ももちゃん、おかえり~特別verのお通しbyよの介

(いつもよりお皿の余白が少ない笑)




# by hiromin5h | 2017-03-09 16:33 | Comments(2)

冬の音羽橋とアフタヌーンコンサート♪

b0292308_10250953.jpg
厳寒の朝の音羽橋へ初めて行きました。
話には聞いていましたがカメラマンの多さに驚きです。
英語、中国語、韓国語、日本語、どこかの国の言葉が聞こえてきます。
カメラマン専用の橋に2重3重に三脚が立てられていてその上にのっている高価そうな
カメラにはバズーカ砲のようなレンズがずらりと並んでいます。
小さいカメラで撮るのがちょっと恥ずかしい気もしますがせっかく早起きしてきたので
パチパチ撮りました。でも、まだ時間が早いのか鶴たちに動きはありません。
b0292308_10595965.jpg
前の人の頭と頭の間が広がった瞬間に手持ちで撮ります。
↑の写真の左右の下が黒いのは香港からのお客様の頭ですね。
40~50分居たけど、寒いわりに何だかつまらない。
人もごちゃごちゃして動くにも気をつかうし。
最前列に陣取っていた香港の人が「イドウ!」と言ってどこかへ行きました。
すかさずそこに入り込む人が…。その様子を見ているだけでここから抜け出たい気持ち。

初めての音羽橋で勉強になったことは
中国語で場所を変えることを「イドウ」っていうのね。って事と
外国の人Aさん:「yes?」
外国の人Bさん:「fine thank you!」
へ~。「調子はどう?」ってあいさつはhow~?でなくてもいいんだ。って事でした。(笑)
写真撮影の勉強はできなかった。
音羽橋の上は、めちゃグローバル!


移動する前の1枚↓↓ちょっと暗いけど、こっちの写真のほうがわたしは好きです。
b0292308_18415122.jpg



音羽橋から15分くらい離れた橋にむかう途中の川にタンチョウ鶴がいっぱいいました!

b0292308_18521409.jpg
b0292308_19013930.jpg
b0292308_09402846.jpg
大勢の人が居た場所から数分のところで誰も居ない静かな場所で
車の中から撮る事ができるのは贅沢の極みです。

朝陽に煌く霧氷も撮りたいけど思うようにとれないなぁ。
b0292308_19272879.jpg
b0292308_19282896.jpg
冬のキーンとした空気感どうしたら出せるんだろね。
太陽にあたる霜がキラキラ輝いている感じをうまく撮れないのが残念というか悔しいな。



コッタロ湿原をぬけて帰る途中、鹿の群れがいました!
b0292308_19491543.jpg
確認出来なかったのは右から3頭目だけでみんなこっち見てる(笑)
この状態で見つめ合うこと3~4分。
シャッター音がするだけでシーンとしています。

湿原を蛇行する小川の水の音や陽のやわらかさが春を感じさせてくれます。
なんとも言えないステキな時間でした♪



その翌日、案内をいただいていたコンサートへ♪

b0292308_10095239.jpg
中央に写っている男性が白佐武史さん。釧路出身のチェリスト。
釧路でも何度かコンサートをひらいているそうですが私は初めての参加です。
小さなホールでのコンサートは久しぶりでワクワクします♪

何曲目かが始まる前の曲紹介で
「頭の中でどんな映像が広がるか、目をつぶって聴いてください。」
 曲名は「鏡の中の鏡」 エストニアの現代作曲家のアルヴォ・ペルトという人の曲です。
静かにゆっくり流れる音に、昨日のコッタロ湿原が脳裏に描かれました。
なんともいい気持ちです。
奏者の白佐さんが「僕は演奏している時は釧路湿原の事が思い浮かびます」
あら、私とほぼ同じ。嬉しい♪
you tubeでも聴けます。どんな映像が映るか目をつぶってきいてみてください♪

あ~あ。右脳を活性した休日なのでした♪♪




# by hiromin5h | 2017-02-12 11:13 | Comments(0)

コッタロ湿原のフロストフラワー♪

厳しい寒気でブルブルだった先週末。
午後から鶴の観察がてら久しぶりのコッタロ湿原パトロール。
まずは鶴居の伊藤サンクチュアリへ行ってみると
タンチョウ鶴がいっぱいです!
小さい頃テレビアニメ「巨人の星」又はドラマ「細腕繁盛記」の放送が終了した
時間の銭湯を思い出しました。(分かる人には分かる)
早い話が芋洗い状態。
b0292308_19002299.jpg
めっちゃ反ってるイナバウア?
b0292308_19095555.jpg
ずらりと並んで写真を撮るカメラマンを鶴たちにはどう見えてるんだろ。


寒いからさっさと車に戻ってコッタロをまわって帰ることに。
途中キツネがぴょんぴょんしてたけど、わが家の庭にもキツネが現れるので
あまり珍しくも無いのでスルーしてしまいました。
庭に来るキツネを見たい方はこちら↓↓↓



あっ!シカちゃん。まだ背中に斑がのこってる。
b0292308_19265556.jpg
木の皮を食べるのに必死でぜんぜん逃げない。
鼻と頭に雪をのっけてめんこいね~♪


その先の小さな川が凍ってる?
b0292308_19323636.jpg
これは珍しい現象のフロストワラワーじゃない!? 川のそばまで下りパチパチ♪
b0292308_19390509.jpg
b0292308_19410086.jpg
b0292308_19423677.jpg
b0292308_19433523.jpg
とても得した気分♪だってこんな説明ですよ。

tenki.jpより↓↓↓
霜の花が育つ条件は、気温‐15℃、無風、厚くない氷、積雪ゼロ。出会うのはむずかしい。
「フロストフラワー」が育つには、いくつもの自然条件が必要です。
まずは、湖の表面が凍っていて、氷の上に雪が積もっていないこと。そして、その氷があまり厚くないこと。ワカサギ釣りができるくらい十分に氷が厚くなってしまうと、水蒸気が立ちにくいので、霜ができづらくなってしまいます。
次に、気温がマイナス15℃以下であること。氷の表面から立ち上る水蒸気が一瞬にして霜になるには、空気がキーンと冷えていなければなりません。放射冷却で冷え込みが厳しい朝などは、出会えるチャンスです。
そして、風が吹いていないこと。せっかく夜中に霜の花が育っても、朝方に風が吹いてしまうと一瞬にして消えてしまいます。なんという儚さ(はかなさ)なのでしょう。
このように、「フロストフラワー」は、多くの条件をクリアしなければ見ることができません。そして、これらの条件こそが、厳冬期にしか出会えない「奇跡の花」と言われるゆえんなのかもしれません。



朝のうちだったらもっとふわっと大きな花のようだったかもな~。
ちょっと潰れかかってて残念。
休日の朝はのんびりモードだからな~。
早起きしていい写真を撮ってみたい!





# by hiromin5h | 2017-01-17 20:38 | Comments(0)